町田市で満足いく葬儀を行う為のポイント

葬儀で大切なことといえば、かつては喪主をはじめとする故人の遺族は最後の大仕事として故人がお世話になった方々を集めて儀礼に沿った葬式を執り行うことでした。そのためには地域の風習に沿った形で、代々執り行われていくものでした。しかし、ここ数年でその文化は大きく変化しています。特に都市部では生活スタイルの変容に伴って、従来の通夜、葬儀、告別式、火葬を二日に渡って行い、なおかつ参列者は数十~百人規模に及び大々的な形で行わないという選択が一般的となりつつあります。もちろん町田市でもその傾向は強く、選択肢が増えている状況にあります。従来に比べてシンプルかつ生活スタイルにフィットした形での葬儀が執り行えるよう、各葬儀社共に多岐にわたるプランを設定しているのです。

大切な家族のための最後の大仕事は選択

満足いく葬儀を行うために必要なのは、「どのように故人を見送りたいか」という点を重視することが大切です。これまで行ってきた風習だからといって従来の形を貫くよりは、生前あまり周囲との付き合いが無かったので家族だけでこぢんまりと送り出してあげたい、または親交が広く賑やかなことが好きな人だったので大々的な一般葬で送ってあげたい、儀礼的なことにお金をかけるよりは、もっと実質的な部分を重視する人だったので葬儀は簡潔にしてその分他のことでお金を使ってあげたいなど、大切な家族を送る最後の大仕事だからこそ、最後の大きな選択を家族はするべきではないでしょうか。そんな各人のニーズに合わせた葬儀のスタイルが多くの葬儀社で準備されています。大きく分けると、一般葬、家族葬、直葬です。

公営斎場を使うと更に価格を抑えられる

一般葬は従来通りの葬式のスタイルです。そして、対人関係または金銭関係の理由からこぢんまりと行いたいという人は家族葬または直葬という選択肢があります。家族葬の中でも、従来通りの通夜・葬儀・告別式・火葬と2日にわたり執り行われる形式のものもあれば、同じ参列者が来るのならば1日で完結させてしまおうという一日葬という形を設定している所もあります。また、葬儀という形を取らずに火葬場でお経だけあげてもらう直葬という選択肢もあります。規模が小さくなればなるほど価格も低く抑えられますが、さらに価格を抑えたい場合は町田市の場合は公営の南多摩斎場を利用すると故人が町田市民ならば火葬費用は無料、式場の利用費用も他地域の住民が使用する場合の半額とリーズナブルに利用することができます。