フコイダンの抗癌効果について

さて、フコイダンの成分はモズクです。食べ物でもモズクはありますが、相当な量を食べないと効果がないので健康食品として存在しています。そしてあのモズクのぬるぬる成分に抗癌効果があるといわれています。最近では医師も注目しており、もちろん医師なので癌の治療の手ごわさを充分知っていますから、病院での治療とともに、治療の副作用を軽くしたりとか、さらにはガン治療の効果をより出すためにフコイダンの摂取を推奨している病院もあります。もちろん、病院での治療でガンが治ればそれにこしたことはないのですが、もし治療の限界を感じた場合は、患者として一番信じるのはガン治療と何かをしている医師だと考えます。少なくても人の命をあずかる職業の医師国家資格を持った人は、効果がねらえないものを勧めたりはしませんしさらに、ガン治療を否定したりはしません。ただ、いろいろな方法を使うことによって患者を助けたいと考えているはずです。だから、そういう医師に相談するのが一番いいでしょう。事実、フコイダンをとりいれてガン治療を行った場合のよくなったデータがたくさんあるそうです。抗がん効果もそうですが、この健康食品には体を強くする作用ああるのでそれが治療効果を出していると考えられます。

癌治療にも用いられるフコイダン

フコイダンとは、昆布やワカメ、モズク等の海藻に含まれるヌメリ成分の一つです。細胞壁と細胞壁の間にあるフコースという物質に硫酸などが合成されて特有のヌメリとなるのです。日本癌学会で、フコインダンに制癌作用があると発表され、一躍注目を浴びるようになりました。その後、悪性リンパ種の細胞に悪性細胞を自滅させる作用である、アポトーシス作用があることも発見されました。それ以外にも、抗菌作用やコレステロールを下げる効果や血液の凝固を防いだり、免疫力強化、糖尿病の予防など生活習慣病に関わる疾患に対する効果があるとされています。即効性はないため、持続的にフコイダンを摂取する必要があります。昆布やワカメ、モズク、ナマコなどの食材に多く含まれています。水溶性のため、汁物で摂取すると効率よく吸収することができます。またフコイダンでの癌治療で、一番よい点は副作用がないということです。従来の治療法では何らかの副作用が生じ、体力的にも精神的にも追い込まれる患者が多くみられますが、副作用がないため持続的に治療を行うことができるのです。しかしサプリメントを摂取する場合、過剰摂取とならないように決められた容量を守る必要があります。

どうぞ、これからもがんばってください。販売目的とも思える低分子化のフコイダン商品を見かけますが、いかがなものでしょう。96年に学会で発表になったフコイダンも高分子フコイダンです。いろいろな相談にも丁寧に対応してもらい私も父もとても救われました。こんなに含有量が多くて、この価格はほんとに感謝です。フコイダンの愛用者も納得する品質は当サイト。